【40代50代】寿命を縮める食べ物5選

寿命を縮める食べ物

健康ブームで身体に良い食べ物が注目されています。

 

そんな中、身体に悪い「寿命を縮める食べ物」はどのようなものがあるのでしょうか?

 

今回は寿命を縮める食べ物についてご紹介します。

 

 

長生きしたい人はぜひ本記事をお読みください。

【40代50代】寿命を縮める食べ物5選

寿命を縮める食べ物

いくら医療が発展しているとは言え、普段から食生活を気にしていないと寿命は短くなってしまいます。

 

 

食べるものによって、ガンや心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、動脈硬化など「生活習慣病」のリスクが増えてしまいます。

 

 

寿命を縮めてしまう食べ物は次の通りです。

 

  • フライドポテト
  • ポテトチップス
  • 菓子パン
  • ハム、ソーセージ
  • こげのある食べ物

 

などが挙げられます。

 

 

これらは身体に悪い成分が大量に入っており、食べるのを避けたい食品です。

 

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

Amazon 完全栄養食 ベースブレッド

寿命を縮める食べ物5選①フライドポテト

寿命を縮める食べ物

寿命を縮める食べ物一つ目は「フライドポテト」です。

 

 

フライドポテトが作られている「じゃがいも」は、高温で揚げると化学反応を起こします。

 

 

すると、発がん性物質である「アクリルアミド」が生成されることがわかっています。

 

 

また、フライドポテトを多く食べる人は食べない人に比べ、

 

  • 心不全になるリスクが37%
  • 心臓病のリスクが22%

 

もアップすることがわかっています。

 

 

さらに、1週間に1度だけMサイズを食べる人でも、心不全のリスクが12%UPすることがわかっています。

 

 

心臓発作や脳卒中のリスクも上がるので、いかに危険な食べ物であるかがわかります。

寿命を縮める食べ物5選②ポテトチップス

寿命を縮める食べ物

寿命を縮める食べ物二つ目は「ポテトチップス」です。

 

 

スナック菓子の代表であるポテトチップスも、同じく揚げた芋で危険な食べ物です。

 

 

また、ポテチには「トランス脂肪酸」という悪玉コレステロールを増加し、心臓病のリスクを高める成分が入っています。

 

 

アメリカでは「健康を害する食べ物」として、トランス脂肪酸の使用は禁止されています。

 

 

また、「栄養が全くないのにも関わらずカロリーが高い」ため、

 

  • 肥満
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • アルツハイマー病

 

など生活習慣病のリスクも高まります。

寿命を縮める食べ物5選③菓子パン

寿命を縮める食べ物

寿命を縮める食べ物3つ目は「菓子パン」です。

 

 

糖質が身体に良くないことは有名ですよね。

 

 

その中でも、菓子パンは糖質まみれの食べ物代表として挙げられます。

 

 

糖質を食べると脳内で「幸せホルモン」が分泌され、幸せな気持ちになります。

 

 

すると、続けて何度も食べてしまい食べ続けてしまう「糖質中毒」になってしまいます。

 

 

また、パンを作る時に使われるイーストフードには「塩化アンモニウム」が含まれています。

 

 

これは、大量に摂取すると嘔吐や昏睡を引き起こすとされています。

 

 

さらに、発がん性物質である「臭素酸カリウム」も含まれており、こちらも諸外国では使用禁止になっている物質です。

 

 

菓子パンは美味しいですが、添加物を多く使用して美味しく作っていることがわかります。

 

 

Amazon 完全栄養食 ベースブレッド

寿命を縮める食べ物5選④ハム、ソーセージ

寿命を縮める食べ物

寿命を縮める食べ物4つ目は「ハム、ソーセージ」などの加工肉です。

 

 

ハムやソーセージなどの加工肉にも、発がん性物質が含まれています。

 

 

国際がん研究機関の発表によると、「ハムを5枚」「ソーセージを3本」食べるだけで、大腸ガンのリスクが18%も増加することがわかっています。

 

 

これは加工肉を作る過程で使われている「添加物」が原因です。

 

 

加工肉による発がん性のリスクは「5段階評価で最悪の5」となっており、いかに危険な食べ物であるかがわかります。

寿命を縮める食べ物5選➄こげのある食べ物

寿命を縮める食べ物

寿命を縮める食べ物5つ目は「焦げた肉」です。

 

 

“こげは体に良くない”とよく聞きますよね。

 

 

これもフライドポテトなどの揚げ物と同じく、高温で揚げたことによって発生した「アクリルアミド」による発がん性物質が原因です。

 

 

また、魚や肉などのタンパク質を長時間高温で処理しても、数種類の発がん性物質が発生します。

 

 

このように、焦げた部分を食べるだけでがんのリスクが高まってしまいます。

 

 

焼き肉や揚げ物など、「焦げた部分は取り除いて」食べたいですね。

食生活が原因で亡くなる人は5人に1人

寿命を縮める食べ物

ここまで「寿命を縮める食べ物」を5つご紹介しました。

 

 

実は食生活が原因でなくなる人は「全人口の5人に1人」とされています。

 

 

これは「タバコの喫煙よりも危険な割合」になっています。

 

 

タバコの方が身体に悪いイメージがありますよね。

 

 

しかし、毎年食生活が原因で亡くなっている人は「1100万人」もいます。

 

 

日々口にする食べ物も、意識して食べないと死亡リスクが高まってしまいます。

 

 

健康なものを食べるのも大事ですが、「寿命の縮まる食べ物を食べない」ということも大切ですね。

寿命を延ばす食べ物

寿命を縮める食べ物

逆に、「寿命を延ばす食べ物」もご紹介します。

 

  • 納豆
  • 豆腐
  • 梅干し
  • えごま油
  • きのこ類
  • ナッツ類

 

これらはどれも体に良い食べ物で、毎日続けて食べたいものです。

 

 

↓詳しくはこちらにまとめています↓

身体に良い“神”食べ物7選【これだけ食べとけば間違いない】

まとめ

寿命を縮める食べ物

今回は「寿命を延ばす食べ物」をご紹介しました。

 

 

まとめると

 

  • フライドポテトなど揚げた芋は発がん性物質が発生する
  • ポテトチップスにはトランス脂肪酸が使用されており、海外では禁止されている
  • 菓子パンは糖質まみれで、添加物も多く使用されている
  • ハムを5枚、ソーセージを3本食べるだけで大腸ガンのリスクが18%も増加する
  • こげのある食べ物は発がん性物質が発生する
  • タバコより食生活が原因で亡くなる人の方が多い
  • 体に良い食べ物を毎日続けて食べよう

 

今回紹介したものは、どれも美味しい味付けがされているので、ついつい食べてしまいますよね。

 

 

「罠」だと思って、できるだけ食べるのは控えるようにしましょう。

 

 

Amazon 完全栄養食 ベースブレッド

 

 

当院は八尾、東大阪を中心にカイロプラクティックの出張施術を行っています。

 

 

肩こり、腰痛を始めお身体のお悩みがある方は、お気軽にご予約下さい。

 

 

↓関連記事はこちら↓

【大阪市 八尾市 東大阪市 訪問施術カイロプラクティックライト】

↓ご予約・お問い合わせはこちらから↓

営業時間:9時~21時(不定休)
※施術中でお返事にお時間を頂く場合がございます
※時間外応相談
大阪府八尾市を拠点に活動しております。
大阪府近辺出張可能◎

八尾 カイロプラクティック

院長 池田 茂雄

大阪府八尾市出身 1987年6月28日生まれ

カイロプラクター資格

日本カイロプラクティック連合会

会員番号 1000038436

・八尾市にあるカイロプラクティック院での店舗施術を経験後独立

・現在は訪問整体カイロプラクターとして活動中