体を冷やす食べ物ランキング【夏の熱中症で体温を下げるもの】

体を冷やす食べ物 ランキング年々厳しくなる夏の暑さ。

 

熱くなった体は食べ物で冷やすことができます。

 

今回は「体を冷やす食べ物」についてご紹介します。

 

 

熱中症にも効果がありますので、気になる人はぜひ本記事をお読みください。

体を冷やす食べ物ランキング【夏の熱中症で体温を下げるもの】

体を冷やす食べ物 ランキング

気象庁によると、6月~8月の平均気温は過去30年の平均値から「+1.76℃」も上がっているとされています。

 

 

実際に皆さんも「昔よりも夏が熱くなった」と感じるのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は「体を冷やす食べ物」を7つに分けてご紹介します。

 

  • そうめん
  • きゅうり
  • なす
  • トマト
  • スイカ
  • 豆腐
  • タコ

 

どれも夏のイメージがありますよね。

 

 

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

Amazon限定 ラベルレス爽健美茶 2L×8本

体を冷やす食べ物ランキング①そうめん

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物一つ目は「そうめん」です。

 

 

夏にそうめんを食べる人も多いのではないでしょうか?

 

 

そうめんは冷やして食べることが一般的で、食べた瞬間に体を冷やす効果があります。

 

 

また、そうめんには水分量が多く、水分補給とともに熱を冷ます効果があります。

 

 

暑い夏に冷たいものを摂取することで、即座に体温を下げることができます。

 

 

きゅうり、みょうが、ねぎ、大葉など、体を冷やす効果のある食べ物と一緒に食べると効果が倍増します。

 

 

Amazon そうめん 揖保乃糸 特急品 2kg

体を冷やす食べ物ランキング②きゅうり

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物二つ目は「きゅうり」です。

 

 

きゅうりは「夏野菜」のイメージがありますよね。

 

 

6月~9月が旬で、夏にぴったりの食べ物です。

 

 

きゅうりの約95%は水分で、体を冷やす効果だけでなく水分補給にもうってつけです。

 

 

また、きゅうりには「カリウム」が多く、体内の水分バランスを調整する効果があります。

 

 

さらに低カロリーなので、食べても消化の際に熱があまり発生しません。

 

 

これにより体に余分な熱をため込むことなく、涼しさを感じることができます。

体を冷やす食べ物ランキング③なす

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物3つ目は「なす」です。

 

 

なすも夏野菜のイメージですよね。

 

 

なすの旬も5月〜10月頃の初夏から秋にかけてです。

 

 

水分量も約90%と非常に高い食べ物で、水分補給にも優れています。

 

 

なすにもカリウムが豊富なことに加え、なすの皮には「アントシアニン」というポリフェノールが含まれています。

 

 

アントシアニンには抗酸化作用があり、体内の炎症を抑え、熱を下げる効果が期待されます。

 

 

なすは東洋医学でも「涼性」に分類され、体内の余分な熱を取り除く効果があるとされています。

 

 

冷やしなすなど、冷やしてさっぱり食べるとおいしいです。

体を冷やす食べ物ランキング④トマト

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物4つ目は「トマト」です。

 

 

トマトも夏野菜の代表で、その約95%が水分と非常に多い食べ物です。

 

 

また、トマトの栄養素で有名なのが「リコピン」です。

 

 

リコピンには強い抗酸化作用があり、体内の炎症を抑えるのに役立ちます。

 

 

これにより体内の熱を軽減し、体温を下げる効果が期待できます。

 

 

その他にもトマトには「ビタミンC」も豊富です。

 

 

ビタミンCもリコピンと同様に抗酸化作用があり、体の炎症を軽減し体温の調整に役立ちます。

体を冷やす食べ物ランキング➄スイカ

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物5つ目は「スイカ」です。

 

 

夏の食べ物と言えば、真っ先にスイカを思い出す方も多いと思います。

 

 

スイカも約90%が水分と非常に多い夏野菜です。

 

 

また、スイカにはトマトの1.5倍ものリコピンが入っており、トマト同様に体の炎症を抑える働きがあります。

 

 

スイカやトマトが赤い色をしているのは、このリコピンが豊富なためです。

 

 

スイカもビタミンCが豊富な上、低カロリーなので体を冷やすにはぴったりの食べ物です。

 

 

Amazon 小玉スイカ 赤秀Sランク 1玉

体を冷やす食べ物ランキング⑥豆腐

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物6つ目は「豆腐」です。

 

 

冷ややっこや豆腐サラダなど、冷たい料理のイメージがありますよね。

 

 

豆腐もその約85%が水分で、カロリーも低い食べ物です。

 

 

また、豆腐には「タンパク質」が豊富です。タンパク質には「動物性」と「植物性」があります。

 

 

豆腐のタンパク質は植物性で、動物性のタンパク質よりも体を冷やしやすいとされています。

 

 

そのため特に暑い季節には、植物性のタンパク質を含む豆腐が体を冷やすのに適しています。

 体を冷やす食べ物ランキング⑦タコ

体を冷やす食べ物 ランキング

体を冷やす食べ物7つ目は「タコ」です。

 

 

タコも水分量が豊富なのに加え、消化に良い食べ物です。

 

 

噛み応えがあるので消化が悪いイメージが付きがちですが、実はしっかりと噛んで食べればむしろ消化が良い食べ物です。

 

 

消化が良いと、消化過程で過剰な熱を生じにくいため、体温の上昇を防ぐ効果があります。

 

 

また、タコの代表的な栄養素に「タウリン」が挙げられます。

 

 

タウリンには、体温調節やエネルギー代謝に関与し、体を冷やし夏バテ防止効果があるとされています。

 

 

タコの酢の物やサラダに入れて食べるのがおすすめです。

その他体を冷やす食べ物

体を冷やす食べ物 ランキング

東洋医学では、食材は「寒性」「涼性」「平性」「温性」「熱性」に分類されます。

 

 

今回ご紹介した食べ物は「寒性」「涼性」に分類されるものばかりです。

 

その他にも

  • 白菜
  • セロリ
  • メロン
  • 大根
  • オクラ
  • そば
  • ほうれん草
  • リンゴ
  • バナナ

 

などが、体を冷やす食べ物として挙げることができます。

 

 

暑い夏は積極的にこれら「寒性」「涼性」の食べ物を食べるようにしましょう。

体を冷やす食べ物ランキング:まとめ

体を冷やす食べ物 ランキング

今回は「体を冷やす食べ物」を7つご紹介しました。

 

 

まとめると

  • そうめんには水分量が多く、体を冷やす効果がある
  • きゅうりにはカリウムが多く、体内の水分バランスを調整する働き
  • なすに含まれるアントシアニンには抗酸化作用があり、体内の炎症を抑える効果
  • トマトのリコピンには、強い抗酸化作用があり、体内の炎症を抑える効果
  • スイカはトマトよりも1.5倍多いリコピン量で、水分量もビタミンCも多い
  • 豆腐は植物性のたんぱく質で、動物性よりも体を冷やしやすい
  • タコは消化が良い食べ物で、タウリンには体温調節や夏バテ防止効果がある
  • 夏の暑い時期は「寒性」「涼性」の食べ物を食べるようにしよう

 

 

年々暑くなる夏。

 

 

体を冷やす食べ物を意識して食べ、夏バテしない体づくりをしていきましょう。

 

 

Amazon ハンディファン Francfranc

 

 

当院は八尾、東大阪を中心にカイロプラクティックの訪問整体を行っています。

 

 

肩こり、腰痛を始めお身体のお悩みがある方は、お気軽にご予約下さい。

 

 

↓関連記事はこちら↓

【大阪市 八尾市 東大阪市 訪問施術カイロプラクティックライト】

↓ご予約はこちらから↓

営業時間:10時~21時(不定休)
※施術中でお返事にお時間を頂く場合がございます
※時間外応相談
大阪府八尾市を拠点に活動しております。
大阪府近辺出張可能◎

八尾 カイロプラクティック

院長 池田 茂雄

大阪府八尾市出身 1987年6月28日生まれ

カイロプラクター資格

日本カイロプラクティック連合会

会員番号 1000038436

・八尾市にあるカイロプラクティック院での店舗施術を経験後独立

・現在は訪問整体カイロプラクターとして活動中