40代の理想の睡眠時間は?【40代は全然足りていない】

40代 睡眠時間

40代になって身体の疲れが取れなかったり、睡眠不足を感じていませんか?

 

40代の理想の睡眠時間は?

 

本記事では「40代の理想の睡眠時間」についてまとめています。

 

 

睡眠に満足していない人はぜひ本記事をお読みください。

40代の理想の睡眠時間は?【40代は全然足りていない】

40代 睡眠時間

世界的に見ても、日本人は睡眠時間が少ない傾向にあることが知られています。

 

 

その中でも、「40代50代」は圧倒的に睡眠不足の人が多いとされています。

 

 

実際に「令和元年厚生労働省の国民健康・栄養調査」によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は

 

  • 男性40歳~49歳→48.9%
  • 男性50歳~59歳→49.4%
  • 女性40歳~49歳→46.4%
  • 女性50歳~59歳→53.1%

 

と男女共に「約50%の人が睡眠不足」という結果が出ています。

 

 

これを見てわかる通り、40代50代の男女の半数が眠れていないことがわかります。

 

 

これは10代、20代、30代、60代以上と比べても圧倒的に多い割合です。

 

 

では、40代50代の理想の睡眠時間は何時間なのでしょうか?

 

Amazon ヒツジのいらない枕

睡眠時間は7~8時間

40代 睡眠時間

理想の睡眠時間は、子ども~老人までで大きく変わってきます。

 

  • 0カ月~3か月→14~17時間
  • 4カ月~11カ月→12~15時間
  • 1歳~2歳→11~14時間
  • 3歳~5歳→10~13時間
  • 6歳~13歳→9~11時間
  • 14歳~17歳→8~10時間
  • 18歳~64歳→7~9時間
  • 65歳~→7~8時間

 

このように、子どもの方が睡眠時間は長く、大人になるにつれ短くなっていきます。

 

 

これを見ると40代50代の理想の睡眠時間は、「7~9時間」ということがわかりますね。

 

 

しっかりとこの時間を寝ることができているでしょうか?

 

 

理想の睡眠時間に足りていない人は、生活習慣や睡眠環境の改善をしましょう。

 

 

「参考:年齢別で理想の睡眠時間は?【意外と知らない人多いです】

6時間未満の人は睡眠不足

40代 睡眠時間

では、そもそも「睡眠不足」とはどのような人のことを指すのでしょうか?

 

 

睡眠不足の定義は「睡眠時間が6時間に足りていない人」のことを指します。

 

 

睡眠不足の感じ方にも個人差はありますが、多くの人が「6時間未満だと睡眠不足を感じる」とされています。

 

 

6時間未満だと、ただ眠気を感じるだけでなく、

 

  • パフォーマンスが低下
  • ストレスの増加
  • 免疫力の低下
  • 太りやすくなる
  • 寿命が縮まる

 

など、身体にも多くの影響が出てしまいます。

 

「参考:睡眠不足が続くとどうなるのか?【結論:寿命が縮みます】

 

 

そのため、40代50代の人の多くは、これらの症状が出るリスクがあります。

 

 

では、なぜこの世代の人たちは「理想の睡眠時間」を取れていないのでしょうか?

40代50代が睡眠不足の理由

40代 睡眠時間

40代50代の人が、睡眠不足の理由として挙げられるのは次のようなものがあります。

 

  • 40代男性→仕事、寝る前のスマホ・趣味、健康状態
  • 40代女性→家事、仕事、寝る前のスマホ・趣味、育児、健康状態
  • 50代男性→仕事、健康状態、寝る前のスマホ・趣味
  • 50代女性→仕事、家事、健康状態、寝る前のスマホ・趣味

 

このように、男性では年齢的に責任の伴う「仕事」が上位に来ており、女性では「家事」「仕事」が上位に来ていることがわかります。

 

 

さらに、この世代で特徴的なのが20代30代では割合の少なかった「健康状態」が上位に来ています。

 

 

年齢を重ねると、いかに健康状態が悪くなっていくのかがわかります。

健康のピークは20歳

40代 睡眠時間

「健康のピークは20歳」ということを知っていますか?

 

 

人間の身体は20歳をピークに、そこからは緩やかに低下していくことがわかっています。

 

 

30代くらいまでは、若さで何とかなっていたものも、40歳前後から身体が痛くなり、言うことを効かなくなってきてしまいます。

 

 

毎日身体のメンテナンスをしているスポーツ選手でも、この頃からパフォーマンスが落ち、40歳前後で引退する人が多いですよね。

 

 

毎日身体をケアしているアスリートでも衰退していくことを考えると、一般人の私たちが身体に不調が出るのも当然と言えます。

 

 

「参考:老化は何歳から始まる?【結論:20歳から始まってます】

隠れ不眠のサイン

40代 睡眠時間

自分は大丈夫だと思っていても「隠れ不眠のサイン」があります。

 

 

次のような症状がある人は「隠れ不眠」のサインが出ています。

 

  • 寝つきが悪い
  • 5分以内に寝落ち
  • 寝ている途中で目が覚める(中途覚醒)
  • 予定時間よりも早くに目が覚める(早朝覚醒)
  • 全体的に睡眠の質に満足できていない
  • 午前中に眠たくなる
  • 昼食を食べたら眠くなる
  • 電車やバスで居眠りをする
  • 寝ても疲れが取れていない
  • 休みの日に平日より睡眠時間が長い

 

自覚がなくてもこれらの症状がある人は、「隠れ不眠」の可能性があります。

 

 

身体に不調が出る前に、睡眠環境や生活習慣を改善することが必要です。

 

 

「参考:隠れ不眠のサイン7選【自分では気づいてない特徴とは】

リモートワークでさらに増加

40代 睡眠時間

ただでさえ睡眠不足の多い40代50代ですが、近年では、「リモートワークの増加」でさらに睡眠障害の人が増えています。

 

 

リモートワークだと、時間に余裕ができるため、ついつい夜更かしをする人が増えています。

 

 

夜更かしが続くと、生活リズムが乱れてしまい、睡眠不足が加速します。

 

 

リモートワークになっても、規則正しい生活を意識することが大切です。

 

 

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることを意識するようにしましょう。

40代の理想の睡眠時間:まとめ

40代 睡眠時間

今回は「40代の理想の睡眠時間」についてご紹介しました。

 

 

まとめると

 

  • 日本人は世界的に見ると睡眠不足
  • その中でも40代50代の半数は睡眠不足
  • 睡眠不足は6時間未満の人
  • 理想の睡眠時間は各年代で違う
  • 40代50代の理想の睡眠時間は7~9時間
  • 40代50代は仕事、家事、健康問題で睡眠不足が増える
  • 健康のピークは20歳
  • 隠れ不眠のサインがある
  • リモートで睡眠不足は増加

 

睡眠は、健康においてとても大切な要素です。

 

 

40代50代は何かと忙しく睡眠時間が取れませんが、睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

 

Amazon ヒツジのいらない枕

 

 

当院ではカイロプラクティックの施術により、日々の生活で歪んだ骨格のケアをし、健康になるためのサポートをしています。

 

 

また、このような日常生活で役立つ情報お伝えしておりますので、気になった方はお気軽にご予約下さい。

 

 

↓関連記事はこちら↓

【大阪市 八尾市 東大阪市 訪問施術カイロプラクティックライト】

↓ご予約・お問い合わせはこちらから↓

営業時間:9時~21時(不定休)
※施術中でお返事にお時間を頂く場合がございます
※時間外応相談
大阪府八尾市を拠点に活動しております。
大阪府近辺出張可能◎

八尾 カイロプラクティック

院長 池田 茂雄

大阪府八尾市出身 1987年6月28日生まれ

カイロプラクター資格

日本カイロプラクティック連合会

会員番号 1000038436

・八尾市にあるカイロプラクティック院での店舗施術を経験後独立

・現在は訪問整体カイロプラクターとして活動中